校長あいさつ

 本校は、総合学科の高校として開設され、今年で15年目を迎えました。
 総合学科の高校は、自分の興味や関心、進路目標に応じた授業を選択し、「自分だけの時間割」をつくって学ぶという大きな特色があります。
 そのため、1年次に「産業社会と人間」という授業の中で、自分の適性や将来の夢について考え、幅広い選択科目の中から自分にあった科目を選択していきます。
 選択授業では、ほとんどが20人以下の少人数授業となるため、きめ細かくわかりやすい指導を受けることができます。

 また、大学や産業界の方々を講師にお招きした授業も多く、生徒の学びの幅や視野を広げる機会も充実しています。
 その他にも、1年次でのライフプランやキャンパス巡り、2年次以降の進路見学会、大学見学会、就職ガイダンス、ジュニアインターンシップなど、3年間に亘り、自分の能力や適性を知り、将来の夢や目標を見つけるための行事が充実しています。

 さらに、大学進学者向けの補習や土曜学習のほか、実用英語、漢字能力、簿記、情報処理、ITパスポート、介護職員初任者研修、手話、秘書、色彩能力などの各種検定や資格取得に向けた支援体制も充実しています。

 こうした恵まれた教育環境のおかげで、杏和高校は国公立大学から就職まで、幅広い生徒の進路目標を実現できる学校となっています。

 生徒は素直で明るく、勉強や部活動、生徒会活動、そして学校行事に、全力で取り組んでいます。また、教職員もそんな生徒たちの姿勢に応え、一丸となって教科指導、進路指導等の充実に取り組んでいます。

 杏和高校は、自分の夢を見つけ、夢を目標に変え、目標の実現に向けて学ぶことのできる学校です。
 このホームページでは本校の幅広い教育活動を紹介していきますので、ご覧になられた皆様には、本校への格別のご支援とご理解をお願い申し上げます。

 

平成31年4月1日

愛知県立杏和高等学校長 永井孝人



<戻る>